乳酸菌生産物質は乳酸菌と何が違うのか?

一般的に善玉菌と呼ばれる乳酸菌は、腸などの消化器官に常に存在しています。
この善玉菌が腸内環境を整えることで、食べたものをしっかり消化し、エネルギーに変えることができます。

乳酸菌生産物質は、体内で乳酸菌が発酵されることにより生み出されます。
実は腸内環境を整えるという善玉菌の効果は、乳酸菌生産物質の働きによるものです。
善玉菌のように生きた細菌ではないため、胃酸などの影響を受けにくく、腸まで届きやすい特性があります。
また、腸を健康にすると同時に、生みの親である善玉菌を増やす働きもあります。

 

 

Copyright (C)フジ・ケアコーポレーション. All rights reserved.